コラム

今更聞けない!リンス、トリートメント、コンディショナーの違いと使い分け

まさを
まさを
こんにちは!まさをです!

普段何気なく使っている、リンス、コンディショナー、トリートメント・・・いったい何が違うのか知っていますか?

お店の売り場にも同じ類のものとして置いてあることも多く、ぱっと手に取って何も考えずに購入なんてこともあるかと思います。

いずれにせよ、「髪の毛のケアを行うもの」ぐらいの認識ではないでしょうか?

今回は、これらの違いについて知って正しく利用する方法をお教えしたいと思います!

どれも髪をキレイに見せてくれるアイテム

リンス、コンディショナー、トリートメント、どれにとっても髪をきれいに見せてくれるアイテムであることには間違いありません。

基本的に、シャンプーをした後、塗布することで髪を保護してくれる便利なものですね!

美容室などではシャンプーのあとにしっかりつけてくれるところもあります。

デメリットは?

シャンプーで洗った頭皮につけてしまうと、余計な油分を足してしまうことになるため、良くありません。頭皮に付けないように注意して使用しましょう!

また、これらは髪を保護してくれるものですが、すすぎ残しがあると髪へのダメージにもなりますし、薄毛や抜け毛の原因にもなるので気を付けましょう。

3つのアイテムの違い

まず大きな分類として

  • コンディショナー、リンス
  • トリートメント

とすることが出来ます。これらはそれぞれ髪への効果が違うので分けて説明していきます!

コンディショナー・リンス

コンディショナー・リンスは髪の表面をコーティングしてキューティクルを守る役割を果たしてくれます。

これを行うことにより、髪に油分を与え、髪の水分が抜けてしまうことを抑えてくれます!

髪の表面をコーティングするだけなので、髪になじませた後はすぐに洗い流してOK!

コンディショナーとリンスはほぼ同じ意味で使われますが、世間的にはリンスの効果が強いものをコンディショナーと言うそうです。

トリートメント

トリートメントは、表面が傷んでガサガサになっている髪により効果的です。

表面が傷んでいる髪は、内部のたんぱく質が抜けてしまってスカスカの状態であるため、そこに栄養分を与えることが必要です。

トリートメントは髪の内部まで浸透して、内側から髪を元気にしてくれます。

ですので、しっかり浸透するよう、10分程、時間を置いて洗い流しましょう。

コンディショナー・リンスは表面の保護する役割、馴染ませたらすぐ洗い流してOK

トリートメントは髪の内部に浸透して補修する役割、馴染ませたら10分ほど時間を置くことでより効果が高まる!

使い分けをどうするか

使う間隔

コンディショナー・リンスは表面のコーティングのみで、キューティクルを守ってくれるのでシャンプー後に毎回してOK!

一方で、トリートメントは数日間に一回程度にとどめておいた方がいいでしょう。髪内部に栄養がいきわたることはいいことですが、トリートメントしすぎると髪が柔らかくなりすぎて寝癖等の原因にもつながります。

使う順番

シャンプー → トリートメント → コンディショナー・リンス

の順番で行いましょう。

それぞれの効果を考えると、

  1. シャンプーで頭皮の汚れや余計な油分を洗い流します。
  2. トリートメントで髪内部の栄養分の補給と補修を行います。
  3. 最後にコンディショナー・リンスでキューティクルをキレイに整えて、ふたをします。

この順番がベストだと言えます。