トリートメント

洗い流さないトリートメントは種類が多い!あなたの髪質にあったタイプは?

まさを
まさを
こんにちわ!まさをです!

以前の記事で洗い流さないトリートメントと洗い流すトリートメントの違いをお伝えしましたが、洗い流さないトリートメントにもいろんなタイプがあることを御存じでしょうか??

というのも、

  • ジェルタイプ
  • ミルクタイプ
  • ローションタイプ
  • オイルタイプ

etc…

とたくさんの種類があります。一概に洗い流さないトリートメントと言っても、いろいろあるので迷われる方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は、洗い流さないトリートメントのタイプ別の特長とオススメの使い方を紹介していきたいと思います!

洗い流さないトリートメントとは

洗い流さないトリートメントが何なのかをさらっとおさらいしましょう!

洗い流さないトリートメントは、お風呂あがりのタオルドライした髪に用いる洗い流さないタイプのトリートメントです。

洗い流すタイプのトリートメントとは違い、じっくりと髪に浸透してくれる上に、ドライヤーやアイロンなどの熱から髪を守ってくれる効果があります!

詳しくは以前の記事に書いてありますので、合わせてチェック!

あわせて読みたい
洗い流さないトリートメントと洗い流すトリートメントの違いとは? 日頃から使っているトリートメントですが、皆さんこんな疑問を持ったことはないでしょうか? なんとなく使い分けは出来て...

洗い流さないトリートメントのタイプ別の特長

洗い流さないトリートメントは、

  • 髪の補修能力
  • 髪への熱ダメージの軽減

が主に重要なポイントとなります。つまり、この二つを満たしている洗い流さないトリートメントこそ極上のものとなります。

タイプ別に比較して、自分の髪質にあった洗い流さないトリートメントを見つけましょう!

髪の補修能力と髪の熱ダメージの軽減は、そのタイプの平均を表す数値です!一概に製品の能力を決めるものではありません!

 

オイルタイプ

     髪の補修能力:

髪の熱ダメージの軽減:

オイルタイプのいいところは髪の熱ダメージの軽減がとても効果的である点です!髪の一本一本をオイルが包んで保護してくれるので、熱からしっかりと守ってくれます!静電気対策にも効果アリです!

また、オイルということで髪のツヤ出しにも向いています!つけすぎない程度に使用することで美髪へと導いてくれるかも・・・!

しっとり感が出るのも、オイルタイプの特長です。

しかし、油分も多く含んでいるため、つけ過ぎはNG!ベタついた印象を残してしまうかもしれません。

オイルタイプの洗い流さないトリートメントは?

ミルクタイプ

     髪の補修能力:

髪の熱ダメージの軽減:

水分量が多いため、しっかり髪に浸透してくれます。特に、髪が水にぬれている時はキューティクルが開いているため効果アップ!

油分が少ないため、ベタついた印象はなく使用後の質感もサラサラな感じに仕上がります。

髪を熱から保護する面においては、他のタイプの洗い流さないトリートメントよりも劣ります。

ミルクタイプの洗い流さないトリートメントは?

 

クリームタイプ

     髪の補修能力:

髪の熱ダメージの軽減:

ヘアバターと言われるのはこのタイプ。

クリームタイプの洗い流さないトリートメントは、水分量がオイルタイプよりは多め、ミルクタイプより少なめです。いわゆるバランスのとれた洗い流さないトリートメントと言えるでしょう。

髪がまとまりやすいため、スタイリング剤としても活用できます。

万能である分、どのシーンにおいても使うことができますが、ずば抜けた特長がないため、他のタイプと合わせて使うことは難しそうです。

寒い時期になると硬くなるため、温めてから利用するようにしましょう。

クリームタイプの洗い流さないトリートメントは?

ナイトケアクリームということで、夜、髪のダメージ部分にじっくりなじませることで寝グセの付きにくい髪にしてくれます。まとまりやすくなるのもメリットですね!

ドライヤーを利用する前に使用することで、まとまり感アップが見込めます。

スプレータイプ

     髪の補修能力:

髪の熱ダメージの軽減:

ヘアミストとも言われるタイプです。

スプレータイプであるので、髪全体へまんべんなく行き届かせることが出来ます。髪の水分量も増してくれるため、髪に潤いを与えてくれるのも特長です。

髪にあまり近づけて使用してしまうと、頭皮等に付着して頭皮湿疹等の原因にもなってしまうので気を付けましょう!

オイルタイプの洗い流さないトリートメントと一緒に利用することで、より効果を高めることが出来ます。

スプレータイプの洗い流さないトリートメントは?

オーガニック成分にこだわった製品づくりをしているナプラのヘアケアミストです。乾燥している髪にも適していて、さらさらで柔らかい髪にしてくれることも期待できます!

ジェルタイプ

     髪の補修能力:

髪の熱ダメージの軽減:

ジェルなので髪に馴染ませやすいのが特長です。しっとり感やウェット感を演出してくれるのもこのアイテムのメリットと言えます。

どちらかというと、スタイリング向けのタイプであり、ワックスと混ぜて使用することも出来るようです。

スタイルをキープしつつ、トリートメントも行う一石二鳥のタイプです。

ジェルタイプの洗い流さないトリートメントは?

ワックスに混ぜても使えるジェル系の洗い流さないトリートメントです。パサつく髪や引っかかりやすい髪に用いることで、指通り滑らかで輝く髪へと導いてくれます!

自分に合ったトリートメントを探したい

ここまで、タイプ別に洗い流さないトリートメントをご紹介してきました。ただ重要なのは自分の髪質にあったタイプのトリートメントを選ぶことです。

自分自身では分からない!という方はこちらの自分にあったトリートメントを探してくれるサービスを利用してみてはいかがでしょうか!

いくつかの質問に答えるだけで無料で診断してくれるのでお勧めです!

自分にあったトリートメントを探してみる!